ストレスであごニキビが増加する・・・

就職してからあごニキビに悩まされるようになってきました。肌がキレイなのが取り柄だったのに・・・。

ニキビが出来てると、ファンデーションが汚く見えるし、何よりメイクしててもテンションが下がります。

何とかならないかなと。実はニキビができる原因となってるストレスが、会社の同期問題。

実は、以前からあんまり気が合わないけど、いつか同じ支店になったらまずいので適度な距離感を自分としては保っていたつもりの、苦手な同期が!!!異動してきたんですよね。

彼女と毎日お昼を食べざるを得ないのがものすごいストレスで。

とにかくうわさ好きの彼女。前の支店のメンバーの話題から、今の支店の人の話、あげくの果てには別の支店の同期の話まで、とにかく情報通。

しかもネガティブワード満載なので、ランチが不味くなるんですよね。

私は別にそんなキレイごとを言うつもりもないんだけど、その話題だけってのも、疲れます。興味ないので。誰がミスしたとか、支店で不祥事があったとか。

多分相当イライラいしてるんでしょうね、彼女が異動してきてから2週間ほどで、私のあごにきびが勃発し始めて・・・

最初は1つぽつって感じでしたが、あっという間に増えてしまって。彼女にイライラ、にきびにイライラの悪循環。

しかも彼女が「あれ、あごニキビ増えてるね、どうしたの?」とか平気で聞いてきたりして。本当にストレスマックスなんです。

でも、なんとかしなくちゃと思って、ネットで検索、あごニキビ対策で何かいい方法がないかと思ったら、私のようにあごニキビに悩まされている人がファンケル使って良くなったというブログ記事を見つけて。
https://アクネケアお試し.com (穴があくほど読んじゃいました!)

なんか、私のあごニキビにもよさそうなので、お試しを買って早速試してみようと思います。

彼女に「あれ、ニキビどうしたの?キレイになったね」って言わせたいですからね。毎日コツコツ、頑張ってみます。

早くお肌が元通りにつるつるになりますように。

貧まつげに驚く

私の目は奥二重なのがコンプレックス。

一重よりいいじゃんって言われるけれど、アイシャドウは全部まぶたで隠れるし、目の上がはれぼったいし。

最近は朝、まぶたの腫れがひどいというか、むくみがひどくてすごく悲しい。

そんな奥二重のメイクには色々なテクニックが必要なんだけど、アイライナーは、なるべく太めとはいえ、目の幅通りに。

そして私のこだわりはマスカラ。

普通はビューラーでCカールを作るけれど、奥二重の場合、それやると、根本が隠れてかえってへンというか短く見える(私の判断ですが)。

そこでマスカラは細く長くつくタイプを使い、できるだけながーく。仕上には上から平行になるようにつけて、いわゆるIカールを作るんです。

カールというよりもまっすぐみたいなね。そうすると伏し目がちになった時や、目を開けた時も、まつげが、こう、存在感を増すんです。

二重の人はぐいっとCカールにした方が目がぱっちりして目力がアップする!私もそうしたいけれど、奥二重でやると、なんかへンなんだよね。

奥二重がへンなのではなく、私だけかもしれないけど。

とにかく、そんな風にIカールでメイクを頑張ってるわけです。

ところが、最近、マスカラの伸びがどうも悪いなあ、すーっと伸びないなって思って。新しいクリニークのマスカラを塗っても???って感じで。

それでマスカラで盛る前のまつげをよーく見ると、以前より、少しだけど短くなってる気がするんです。

更に、本数も少し減ってるような・・・この微妙な減少がマスカラを塗った時に「伸びない」「なんか寂しい」って結果になってるんだと気づきました。

どうしてこんななったんだ?と思って調べてみると、マスカラメイクのオフのし過ぎも貧まつげの原因になることや、まつげエクステは更に貧まつげに拍車をかけると。

マスカラメイクのオフって、確かに、専用のオフ液を使ってるけど、どうしても引っぱるからね。引っぱってるつもりはないけれど。

この悲しすぎる現実について、翌日のランチで同僚に話したら、わかるーと。なんか抜けるよね、短くなってくるよねと。

エクステしてる子は、もはやエクステとったら、自まつげがスカスカだよねーと。よかった、皆同じだった。

そこで一人の子が、実はサプリ飲んだら結構復活の兆しなんだよねと告白。

まつげ用のサプリっていうのがあるそうで、彼女はこの日記で知ったんだとか。⇒まつげを伸ばすサプリ

サプリを飲んでまつげが生えるということに驚きますが、彼女が体験者なので。

一緒にランチしてる友達全員が即効注文したのは当然のこと。来月の女子会で結果を報告しあおうということになってます。

伸びてくるといいなあ。

目尻のシワをこれ以上増やさない為に

最近、肌の乾燥がひどくなってきたのは年齢のせいだと分かってます。

肌が水を弾かなくなってるし、洗顔後、何もつけずに過ごしてると、顔の肌がぱりぱりしてきますからね、涙。

乾燥するだけでなくて、シワもどんどん深くなってきてる気が・・・

私の同い年の親友は、お母さんが青森出身なんですけど、とにかく色白で。彼女も小学校までは青森で育ってて、とにかく肌のキメが細かいの。

女優の佐々木希ちゃんは秋田出身でしたっけ?透き通るような肌っていうけど、正にそれ。

やっぱり、紫外線を浴びない時間が長い地域の遺伝子を受け継ぐって、本当に美肌の条件だよね。

アラフォーにもなってくると、肌の美しさって、顔立ちよりずっと「若見え」に貢献してると思います。

まあ、とにかく、私の肌は酷く乾燥して、シワが目立ってきてるということで、まずはクレンジングを見直そうと思うんです。

毎日のことだし、とにかく、アイメイクを落とす為にどんなに気をつけてるつもりでも、こすってるから。

そこで、親友のおすすめが、ファンケルのマイクレ。一度使ったらもう手放せないくらい、本当にこすらなくても落ちるよと。

毎日のことだから、たとえ軽くでもこすってるのと、全然こすらないのでは、1年後にお肌の状態がすごく変わってくるはずだからと。

テレビコマーシャルに嘘なし、とのことで、私も使ってみることに。

1円でも安く買いたいので、どこかで安く買えないかな(ケチ過ぎだけど)と、ショップに行く前に探してみたら、どうも、ネット限定?

お試しサイズがあるらしいってことを、こちらのブログで知りました。
マイルドクレンジングオイルお試し.com

現品より少し小さいけれど、かなりの回数仕えるサイズだし、肌荒れする心配は私の場合あまりないけど、それでも念のためお試しサイズで仕えるのは嬉しい限り。

親友はマイルドクレンジングオイルに変えてから、数ヶ月、目尻の乾燥がかなりマシになってきたのでおすすめだよと。

美肌の彼女に言われたら、試してみるしかない!
早速ポチった私です。到着が楽しみ。

ベランダで花を育て始めました

仏壇にお花を供える毎日。もちろん、毎日買ってくるわけではなく、水を取り替えてできるだけ長持ちさせるようにしてるんですが。

そんな時、ふと読んだ、見知らぬ方の日記で、自分の家の庭で育ててる花を仏花にしていると。

ああ、いいなあ。私もやりたいけど、庭がないしなあって。

そしたら、ベランダでも十分にお花は育てられるということを知り合いから教えてもらって、早速プランターを購入して、土を入れて、花を育て始めました。

といっても、ガーデニングのお店で教えてもらって、まずは育てるのが簡単なものから。

初めてと言ってよい、土いじり。土を触ると全くやったことがなかったけど、無心で作業するのは意外に楽しいのにびっくり。ガーデニングが人気なのがなんとなく分かる気が。

土を触っていると、すごく癒やされる気もします。自然の力はすごいなと改めて実感する私。

すると、そんな私の姿を見て、娘が、この前テレビで明石家さんまが花鳥風月って言ってて、年とると、花、鳥、風、月の順番に、今までと違っていいなあって思うようになるんだってと。

本当かどうかはさておき、なんとなく分かる気がします。そうか、私もその最初の段階、花に感動するようになってきたというわけですね。確かに若い頃にはあまり関心が無かったかも、なるほどと。

あとは、仏壇について、母の友達から、ホコリを溜めたり、修理を放置したりするのはすごく良くないから、きちんとお手入れしてねと注意されたことも思い出しました。

仏壇は美術品的位置付けですが、ご先祖さまを大切にするという意味なんですよね。私も最近、乾いた布で仏壇を拭くようになりました。

でも、この仏壇も、実はもうすぐお引っ越しなんです。

今までは我が家に置いてありましたが、家を建て直した兄のところへようやく戻れることになり。仏壇の引越しには細心の注意が必要なので、色々調べて粗相のないようにしたいと思ってます。(参考になりました⇒https://仏壇引越し.xyz

それまでの間、もうしばらく、ご先祖様と話しながら、過ごしていこうと思っています。

結婚して青森県に住むことになりました!

私は青森市に住んでる、28歳の主婦、エミです。1歳の娘と夫と3人家族。

出身は東京なんだけど、夫の出身地がここ青森なんです。

夫は大学時代のサークルで知り合った同級生、卒業後は夫が地元企業に就職して、私は東京。

なんとか遠距離恋愛を頑張って、4年でゴールイン。私が仕事をやめてこちらに引越してきました。

初めて東京を離れて、しかも青森。夫は優しいけど、平日は帰りが遅い。

あまりの環境の違いに最初は寂しくて、つまらなくて、落ち込んでばっかりだったけれど、出産して娘を連れて外出するようになってから、少しずつ知り合いのママ友が増えたり、出かける先も増えたりで、段々楽しく過ごせるようになってきました。

知り合いもいなくて、つまらない時でも、唯一楽しかったのはりんごかな。

小さい頃からりんごが大好きだった私にとって、日本一のりんごの生産地だから。色々な種類のりんごを安く食べれるのは楽しみにできること。

得意のケーキを作るのに、安く売られてるりんごを見つけたりして。

それと、東京に住んでる時はスーパーで「結構高いな~」って思ってたにんにくの産地が青森で、気軽に使えるのも嬉しいかな。

パスタをよく作るので、青森のにんにくとキャベツを使って作る、ペペロンチーノがすごーく美味しいですね。

まあ、ちょっとした楽しみだけど。

夫が連休の時は、有名な観光地にも足をのばしたり、自然を満喫するのも青森ならではの楽しみでしょうか。

ただ、永住するわけで観光客気分ではいられないけれど。

時間の経過とともに、青森に少しずつなじんできた、でもやっぱり寂しい時だってある、そんな私が青森で出会った、県外人だから気づける青森のよさを、娘の成長と共に日記に残していこうと思います。